日本語の連濁は、長い間国語学界の謎とされてきた
by iwaoka3
カテゴリ
全体
日本語
日本語の連濁
日本人・異文化
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
日本人・異文化
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
連濁と畳語
一、和語の畳語 
 「畳語」とは、「時時トキドキ」「晴れ晴れハレバレ」のように意味のある同じ言葉を二つ重ねて一つの言葉とした複合語である。後項にくる和語のカ サ タ ハ行音は必ず連濁を起す。このような重ね言葉に関しては、16世紀末頃から外国人に注目された。ポルトガル人のロドリーゲスも「日本大文典」の中の「濁りの用法」で、日本人は「上清スめば下濁る、下清めば上濁る」と言う、と述べている。この他ライマン・ヘボン・チェンバレン・アストンなど外国人の説があるが、何れも部分的な説である。 

 畳語に対して、「かんかん」「ちんちん」「すれすれ」「ひたひた」のように同じ音を二つ重ねた擬音語・擬態語は連濁をおこさない。
これまで畳語と擬音語・擬態語の区別がはっきりしていなかった。 
擬音語・擬態語は単に音や感覚印象を表現した言葉である。畳語は意味のある語を二つ重ねた言葉であるが、擬音語・擬態語は前半だけでは意味がない。
強強コワゴワし 形容詞の畳語(手ざわりがかたい ごつごつしている) 
強コワい    形容詞     ゴワゴワ    擬態語 
日本人は文法書などで習っていなくても、畳語と擬音語・擬態語とを意識の中で明瞭に区別しているのである。

和語の畳語は全て連濁をおこす。
畳語は言葉を二つ重ねることによって、次のような意味を表す。
イ、複数のものを表す 
方がた 神がみ 種ぐさ 口ぐち 国ぐに 声ごえ 心ごころ 事ごと 先ざき 
様ざま 然じか 下じた 品じな 島じま 下じも 隅ずみ 瀬ぜ 世ぜ 千ぢ 
月づき 時どき 所どころ 処どころ 端ばし 花ばな 日び 人びと 節ぶし 
其ぞれ 年どし 共ども 末ずえ 

ロ、状態や様子を表すもの 
一つの言葉では単に様子を述べているだけであるが、同じ言葉を二つ重ねることでそういう状態であるという意味も表す。
涸れがれ 代るがわる 消えぎえ 切れぎれ 細ごま 交ごも 怖ごわ 冴えざえ さめざめ 沁みじみ 好きずき 絶えだえ 散りぢり 取りどり 離れ離れ 
晴ればれ 広びろ 深ぶか 細ぼそ 仄ぼの 
甲斐がいしい 軽がるしい 神ごうしい 事事しい 寒寒しい 白じらしい 
騒ぞうしい 空ぞらしい 猛だけしい  捗ばかしい 花ばなしい 

ハ、強調 
同じ言葉を重ね合わせてその意味を強調する。
返すがえす 重ねがさね 予がね 辛がら 軽がる 呉ぐれ 黒ぐろ 粉ごな 
懲りごり 白じろ 精ぜい 高だか 近ぢか 熟づく 早ばや 遥ばる 冷えびえ 久びさ 惚れぼれ 

このように畳語は特別な意味を表すところが、単なる音響・音声をまねて作った語や感覚印象を表す擬音語・擬態語との違いである。畳語は連濁をおこし、擬音語・擬態語は連濁をおこさないところにも区別がある。

二、漢語の畳語
基本的に漢語は連濁をおこさないので、畳語も連濁をおこさない。
「近近」は漢語では「キンキン」と連濁をおこさない。和語では「ちかぢか」と連濁をおこす。
[PR]
by iwaoka3 | 2009-03-01 23:26