日本語の連濁は、長い間国語学界の謎とされてきた
by iwaoka3
カテゴリ
全体
日本語
日本語の連濁
日本人・異文化
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
日本人・異文化
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
連濁と擬音語 擬態語
 ここでは擬音語・擬態語の中の同じ音を重ねた言葉のみを対象とする。「ぷい(と) ぴたっ(と)」等は連濁との比較の対象にならない。
1.擬音語(擬声語)は全て連濁をおこさない。 
擬音語とは実際の音をまねて言葉としたもの。前項と後項が同じ音の繰り返しで連濁をおこさない。単に同じ音の繰り返しである。
かたかた がたがた かんかん がんがん きいきい ぎいぎい ことこと ごとごと とんとん どんどん ばらばら ぱらぱら ばりばり ぱたぱた ぱんぱん ぴこぴこ ぽりぽり ぼりぼり  

2.擬態語は全て連濁をおこさない。
擬態語とは視覚・触覚など聴覚以外の感覚印象を言葉で表現した言葉。
からから きらきら ぎらぎら くたくた くるくる ぐるぐる さらさら ざらざら しとしと じめじめ すらすら ちくちく とろとろ どろどろ はらはら ばらばら ぴかぴか ひらひら ふらふら へなへな ぼろぼろ 

畳語が全て連濁をおこすのに対して、擬音語・擬態語は連濁をおこさない。連濁によって文法上の区別がなされている。
畳語  からがら ことごと しろじろ すきずき ふかぶか ほそぼそ 
擬音語 からから ことこと すーすー ひゅーひゅー ぼーぼー
擬態語 がらがら とことこ じろじろ ずきずき ぶかぶか ぼそぼそ 
[PR]
by iwaoka3 | 2009-04-01 23:44