日本語の連濁は、長い間国語学界の謎とされてきた
by iwaoka3
カテゴリ
全体
日本語
日本語の連濁
日本人・異文化
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
日本人・異文化
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
連濁と接頭語・接尾語
1.接頭語 
 接頭語とは「常に他の語の上に付いて、語調を整えたり・意味を添えたり・強めたりすることば」といわれている。
接頭語「お」は他人に対する尊敬や丁寧な気持や「お富さん」のような親愛の情も表した。
日本語は主語を省略することがよくある。そこで、他人やその行為に対して「お」を付けることによって、自他の区別を表した。
「お元気ですか」は相手に尋ねる表現であり、「元気です」は自分や自分の身内のことを表現している。自分の物や行為には「お」はつけない。
家の中では「お父さん」「お母さん」であるが、外に出れば「父」「母」である。
お魚 ご親切 差し控える うち続く 眞薦マコモ「お 御 差し 打ち 真」等が接頭語である。接頭語の後ろの言葉は連濁を起さない。
しかし、各語について接頭語であるかどうかは定説がない。
「打ち合せ 打ち落す 打ち殺す 打ち続く」等の「打ち」はどれが接頭語であるか。「打ち」の場合、文脈の中で本来の「打つ」という意味がある場合は接頭語ではないと定義したい。「打ち」が単なる強めなどの場合は接頭語である。
「真マ」をみると、真仮名マガナなど「真マ」の本来の意味 
「ほんとう」 「揃っていて完全である」 「正確に」
「生物の或る種類のうち標準となる種類に冠する(真竹ダケ 真鴨ガモ)」
等の意味を表わす場合は接頭語ではない。
本書では、前項の言葉に本来の意味がないと考えられる場合や単なる強めや美称や丁寧語の場合は接頭語とした。
「御雛オヒナ」のオは接頭語、「男雛オビナ」のオは複合語の前項である。
このように、連濁によって意味の違いが明らかになる。
例外として、「か・さ・た」等無声音一字の接頭語がある。これは後ろの言葉が連濁をおこす。
「か細いボソイ」「さ霧ギリ」「た走るバシル」がその例である。
これは意味を強めるためや、発音によるものと考えるか。又は接頭語といわれる「か・さ・た」は意味のある言葉で、「か弱い・さ百合・たばかる」は複合語であるのかに関しては、研究の余地がある。しかし、「かほそい」「さきり」「たはかる」では、発音しにくいし言葉の印象が薄い。単なる強めともとれる。 
「青さ」「青み」「青っぽい」をみると、それぞれ意味が異なる。
「青さ」は青い色の程度を意味する。「深さ」「弱さ」「寒さ」「嬉しさ」等、「~さ」はいずれも程度を表している。
「青み」も青い色の程度を意味するが、「青さ」は青一色の中での濃淡を問題としている。「青み」は他の色もある中で、青の占める程度を表している。
「青っぽい」はそのように見えるという意味で、全くの青でなくてもよい。
「安っぽい」「男っぽい」「子供っぽい」等、中身はどうであれそのように見えるという意味である。
以上の例で分かるように、「~さ」「~み」「~っぽい」には大切な意味が込められている。
「か弱い女」と「弱い女」では意味が異なる。
「か弱い女」は一般的に女性は男性よりも弱いという意味で、身体的な力や精神力が弱いという意味である。「弱い女」は他の女性と比較しても弱いという意味である。「か細い声」は、細くて弱々しい声という一般的な形容である。「細い声」は他と比較して、低くて小さい声という意味であろう。
「皐月サツキ」のサは接頭語ではないし、連濁もおこさない。
接頭語にはどのような例があるか見てみよう。「ご」は漢語につくので、省略する。
お~ お母さん お返し お澄まし 御御御付オミオツケ お手洗 お天気 
み~ 御輿ミコシ 御宝 御標縄ミシメナワ 御溝ミカワ 御国 御園 御霊ミタマ  
打ち(たたく・撃つの意味がある時は接頭語ではない) 
打ち勝つ 打ち消す 打ち揃う 打ち立てる 打ち倒す 
差し 差し控える 差し止め 差し曇る 差し加える 差し進む 
立ち 立ち別る 立ち至る 立入り 立ち後れる 立返る 立ち隠る 
取り 取り囲む 取り調べる 取り捨てる 取り繕う     
真  真杭 真草 真櫛 真子 真柴 真清水 真玉 真日 真火
  
「棚」「生イキ・ナマ」は接頭語と言われているがこれは接頭語ではないと考える。
「生」ナマには、次のような意味がある。
①動植物を採取したままで、煮たり、焼いたり、乾かしたりしないもの。また、その状態。
②材料に手を加えないこと。作為をほどこさないこと。「―の声」
③録音・録画などでなく、直接に視聴すること。
④技術が未熟なこと。完全でないこと。「職人としての腕が―だ」
⑤生意気の略。「―をいうな」   ⑥現金。げんなま。
⑦なんとなく。どことなく。
「中途半端で不十分」の意味があり、「生臭坊主ナマグサボウズ」等の罵り語の「生」は接頭語とはいえない。
未熟な・馬鹿なといった罵り語の単なる決まり文句といえる。
「畜生」も罵り語で、前項に「生イキ・男」がくると、連濁をおこす。
「生イキ 死シニ 阿房 馬鹿」は接頭語といわれているが、相手を罵倒するための言葉である。後項には「面ツラ」「騙りカタリ」「掏摸スリ」「盗人」等が罵り語に用いられる。罵り語は連濁をおこす。
「騙す ダサイ だれる」等よくない言葉には濁音が多い。これらの言葉は比較的新しい言葉である。  
「騙カタリ」は連濁をおこさない。連濁をおこすと「語り」とまぎらわしいからである。連濁は日常よく使われる言葉に多くおこる。
「棚」
「棚雲グモ」「棚曇りグモリ」などの「棚」の意味も「棚状のもの」と考えられるので、接頭語とはいえない。本来の意味がある。

 これまで「打ち 差し 取り 立ち 棚」等は、接頭語か本来の意味かの区別がはっきりしていなかった。
その区別は、接頭語の後ろの言葉は連濁をおこさないということが連濁によって明らかになった。後項の言葉が連濁をおこす場合、その前項の言葉は接頭語ではない。

2.接尾語 
「鯱シャチホコバル張る」「勿体振る」「浮き足立つ」「腹黒い」の「張バる 振ブる 立ダつ 黒グロい」は接尾語とあるが、これは複合語の後項の語が連濁を起こしたもので接尾語ではない。
この書の考え方として、動詞や形容詞の終止形の形での接尾語はないと考える。それは動詞や形容詞が連濁をおこした言葉で、状態を表す。 
接尾語に関しては、文法の項で取り上げる。
[PR]
by iwaoka3 | 2009-07-15 23:56