日本語の連濁は、長い間国語学界の謎とされてきた
by iwaoka3
カテゴリ
全体
日本語
日本語の連濁
日本人・異文化
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
日本人・異文化
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
連濁と助詞「の」「が」「つ」・促音便「っ」
 助詞「の」「が」「つ」や促音便「っ」の後ろの言葉は連濁をおこさない  
助詞「が」「の」「つ」は言葉と言葉をつなぐ助詞である。
これらの助詞が脱落する時に連濁がおこる。
その例は次の如くである。
市神 イチノカミ イチガミ  男神 オノカミ オガミ   年神 トシノカミ トシガミ    
産神 ウブノカミ ウブガミ  草花 クサノハナ クサバナ  
里の子コ   里子サトゴ      秋の空ソラ 秋空アキゾラ      
産みが月ツキ 産み月ヅキ   顔が花ハナ  顔花カオバナ         
逢魔が時トキ 逢魔時オウマドキ
「顔が花・天つ空」のような助詞「が」「つ」は今では「の」に取って代わった。

 後項の語頭がハ行音の場合、半濁音が起こる。
半濁音とは、ハヒフヘホの音がパピプペポの音に変化した音である。
草の原 草っ原パラ    横の腹 横っ腹パラ
負けっ振りプリ   

 しかし、助詞が脱落しないで残ったものが一語となった言葉もある。語源は二つの言葉であるが、「数の子」のように一語となった例も多い。
合の子 亥の子 数の子 鹿カの子 簀子スノコ 筍タケノコ 茸キノコ 槌ツチの子 砥トの粉 火の粉 菜の花 
梅香ウメガカ 辻が花 我が妻 梅つ月 遠つ国 庭つ鳥 天つ空  
等がその例である。
例外 天の川ガワ 草つ月ヅキ(陰暦八月) 花つ月ヅキ(陰暦三月)  
(月の名前は種類も多く日常よく使われたので例外も多い)
[PR]
by iwaoka3 | 2009-08-15 23:57