日本語の連濁は、長い間国語学界の謎とされてきた
by iwaoka3
カテゴリ
全体
日本語
日本語の連濁
日本人・異文化
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
日本人・異文化
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
名詞と連濁
「人」
 人に関しては用例が多く、連濁をおこす言葉とおこさない言葉の違いがはっきりしない言葉も多い。
「東人・都人」のような具体的な人や「使人・船人・侍人」のような職業としての役目 手工芸以外の職人を表す言葉は連濁をおこす。  
「長ナガ人・古人・」のような漠然とした人や「琴人・陶人・手人」のような熟練の職人、技芸などその道に熟達した人を表す語は連濁をおこさない。助詞の後ろの語も連濁をおこさない。
基本的には上記のような違いを表す。
同じ漢字の読み方の違いや別の漢字で読み方が同じもの、意味の違いなどを表すために連濁をおこしたりおこさなかったりする例を挙げておく。広辞苑より

あめ‐ひと【天人】万葉集 天から降ってきた人。あまびと。
あま‐びと【天人】竹取物語 天上の人。天女。  
(ふり‐びと【降り人】天から降って来た人)
あや‐ひと【漢人】古代の渡来系氏族 錦・綾の生産、武具・革具などの手工業を職とした。
いい‐ひと【好い人】善良な人。ときに、好人物。情人。恋人。
いえ‐の‐ひと【家の人】家の内の人。家族。一門の人
いえ‐びと【家人】一家内の人。家族
うち‐の‐ひと【内の人】妻が第三者に向かって夫を呼ぶ称。同じ家庭に属している人
うち‐びと【内人】伊勢神宮・熱田神宮などに奉仕した神職の一。うちんど
うま‐ひと【貴人】家柄のよい人。位の高い人。
うま‐びと【馬人】うまかた。うまかい
おい‐ひと【老人】年をとった人。としより
おきな‐びと【翁人】年をとった男。老人
おもい‐びと【思い人】心に思う人。愛人。こいびと
おもう‐ひと【思う人】親しい友。愛する人。恋人
くつ‐ひと【沓人】「たいこもち(太鼓持)
くず‐びと【国栖人】国栖に土着の人。大和国吉野郡にありと伝える村落
くに‐びと【国人】その国に住む人
くろ‐うと【玄人】技芸などその道に熟達した人。専門家。
くろうど【蔵人】(クラヒトの音便)蔵人所の職員
こち‐と【此方人】(一人称) われわれ
こ‐な‐ひと【此な人】(ココナヒトの約) このひと
こち‐の‐ひと【此方の人】妻が夫を呼ぶ称。うちの人
こと‐ひと【琴人】琴をひく人
こと‐ひと【異人】ほかのひと。
こま‐ひと【肥人】古代、九州球磨(クマ)地方に住んだ人
こま‐うど【高麗人】(コマビトの音便) 高麗の人
しり‐びと【知り人】知合いの人。ちじん
しる‐ひと【知る人】知合いの人。しりびと
しも‐うど【下人】(シモヒトの音便) しもべ
しも‐びと【下人】しもざまの人。下男。下女
しら‐ひと【白人】肌の色が白くなった人
しら‐ひと【素人】しろうと
すえ‐ひと【陶人】すえつくり。やきものし
すえ‐びと【末人】身分の卑しい人。しものもの
ちはや‐びと【千早人】(古くはチハヤヒトとも。武勇の人の意
つかい‐びと【使人】使いする人。使者
つかい‐びと【資人・〓従】(「資人(シジン)」の訓読) 官位の高い人にその警護・雑役に従う人
つかさ‐びと【官人】官職にある人。役人
つき‐ひと【月人】月の異称
つき‐びと【付人】付きそって世話をする人
て‐ひと【手人】くつを縫ったり、機(ハタ)を織ったり、技芸にたずさわって物を造る者。職人
なお‐びと【直人】家柄が普通の人
なか‐びと【中人・仲人】なかだちとなる人
なが‐ひと【長人】長命の人
ながれ‐びと【流れ人】水死人
なき‐ひと【亡き人】死んでこの世にいない人
ぬれ‐びと【濡人】色事に通じている人
のち‐びと【後人】後世の人
ひき‐うど【低人・矮人・侏儒】(ヒキヒトの音便。ヒキウトとも) 丈の低い人。こびと
ふな‐びと【船人・舟人】船頭。ふなこ
ふり‐びと【降り人】天から降って来た人
ふる‐ひと【古人・旧人】(フルビトとも)昔の人。こじん
みやこ‐かた‐ひと【都方人】都の方の人。都の人
みやこ‐びと【都人】都に住んでいる人。都の人 
むかし‐え‐ひと【昔方人】「むかしびと」に同じ
むかし‐びと【昔人】昔の世の人。古人。死んだ人
もとこ‐ひと【左右人】もとこ(側近)に侍る人。侍者
もろ‐と【諸人】近畿地方で、部落の宮座を組織する家
やけ‐ひと【家人】ある家に隷属して駆使される賤民に近い部曲(カキベ)の民
やま‐びと【山人】山に住む人
わざ‐ひと【俳人】俳優。役者。わざおぎひと
われ‐ひと【我人】自分と他人。我も人も
[PR]
by iwaoka3 | 2012-06-15 22:33