日本語の連濁は、長い間国語学界の謎とされてきた
by iwaoka3
カテゴリ
全体
日本語
日本語の連濁
日本人・異文化
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
日本人・異文化
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
漢語の連濁 和製漢語
 和製漢語には、二つ種類がある。
1.漢語本来の意味と異なる意味をもつもの。派生的な意味。

 和語は単語の種類が多くない。そのため、日常よく使われる単語は意味の範囲が広い。しかし、漢語は漢字一字の意味は明解で範囲が狭い。二字漢語になってもそれは同じで、意味の範囲は限られている。そのため、漢字は種類が非常に多い。日本ではそれ程多くの漢字を使うのは難しい。そこで漢語を日本語に取り入れる時に、意味を拡大解釈したり、派生させたりした。中には本来の意味は使われなくなり、派生した意味が主となったものもある。

「新米」はその年に新しくとれた米のことである。それが、日本語では「新しくとれた米」の他に「新しく仲間入りした者」という意味が加わった。

「女郎」は本来、男のように才気のある女という意味である。しかし、日本語では遊女のことである。遊女には才気のある女が多かったからであろうか。

「心中」になると、漢語シンチュウは心のうちという意味である。日本語ではシンジュウとなり、二人以上の人がいっしょに死ぬという意味になる。「心中チュウお察しいたします」「一家心中ジュウ」のように、連濁で意味の違いも表している。連濁は日本語におこり、漢語にはおこらないという法則にも当てはまる。

「文面」の漢語の意味は、顔に刺青をすることである。これが日本語では手紙の文句や文章を意味して、全く別の意味となっている。

「新米の社員」や「吉原の女郎と心中した」などの漢語の意味は、漢語から生まれた言葉ではあるが、中国では通じない和製の漢語である。このような例を見てみよう。

   漢語本来の意味        日本語の意味
大事 大きな出来事         お大事 大切 ねんごろ 危うい 
加減 加えると減らす        具合  程度  
苦情 理由のない訴え        不満を訴えること 
遠慮 遠い将来まで見通した深い考え  控え目にする 
暴露 風雨にさらす         隠していたことが現れる 発覚 
勉強 精を出す           学問に励む  
勘定 考え定める          計算する 支払いの金額  
迷惑 迷い惑マドう         やっかいで困る  
本命 生れた年の干支       競馬で人気の馬のこと  
稽古 昔の事柄を考え調べる   習う 学ぶ 
不作 仕事をしない         作物の出来が悪い 不成功に終わる 
無断 決断心がない         ことわりを言わない 
念書 読書              後日の証拠に、念の為書いておく書面
早熟 早く実が入ること       年の割にませていること 
勘当 考え調べて罪にあてる   怒りにふれて親子・君臣の縁を断たれる 
格好 丁度よい           すがた 様子 価が相応なこと 
丈夫 一人まえの男子       強い しっかりしている  
労使 追い使う            労働者と使用者  
左官 諸侯に仕える役人      壁を塗る職業 
悪運 悪い運命           悪いことをしても、かえって栄える強運
落語 話の結末           話芸の一 
「不浄 歳暮 線路 銀輪 防水 義理 野心 美化 大変 景気 作法 億劫 斎場 真剣」等も漢語本来の意味と日本語の意味が異なる。 
似た意味もあるが、かなりかけ離れた意味もある。
[PR]
by iwaoka3 | 2013-01-15 20:00
日本人 初詣Ⅱ
 今年の東京の新年三が日はお天気に恵まれ、厳しい寒さも一服で、初詣客でにぎわった。我が家の近くの東京大神宮の初詣は、除夜の鐘が鳴る頃から多くの参拝客が押し寄せた。大神宮は小さな神社で、飯田橋駅近くから神社までの道路は参拝客で埋め尽くされ、二時間近く我慢強く並ぶ。沿道の住民は一晩中ざわめく騒音に悩まされる。中には三階の住居まで階段を上ってきて、トイレを貸してほしいという。

 大神宮の近くに靖国神社がある。ここは境内も広いが多くの人が詰めかけ、参拝に一時間待ちも当たり前。戦争で亡くなった方々をお祀りする神社だが有名神社はご利益も大きいのであろうか。それとも平和を祈念してお参りするのであろう。

 氏神様にお参りする人も多いと思う。靖国神社のすぐそばの築土神社はお参りする人もあまりなくひっそりとしている。神社はビルになり、その片隅の奥に小さな祠があるのみ。

 大神宮の様にテレビで何度も紹介されたり、有名人の結婚式があったりすると多くの人が来るようになる。
以前はほとんど、遠くから来る人もなく、地元の人々は元日にお参りをして、お汁粉や甘酒を頂いて帰った。今は、近づくこともできないと残念な様子。
[PR]
by iwaoka3 | 2013-01-13 22:29