日本語の連濁は、長い間国語学界の謎とされてきた
by iwaoka3
カテゴリ
全体
日本語
日本語の連濁
日本人・異文化
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
日本人・異文化
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
外来語(漢語)と連濁 連濁をおこさない言葉 
 漢語の多くは連濁をおこさない。そして漢語と漢語を結び合わせて、二字漢語となるものが多い。二字漢語となる時に多くの和製漢語(太字)も作られた。
和製漢語も漢語と漢語を結び合わせた言葉は連濁をおこさない。

キュウ 応急 危急 救急 緊急 至急 準急 性急 早急 特急 不急 

ショク 衣食 飲食 外食 給食 軽食 大食 雑食 試食 粗食 飽食 
送 
ソウ  移送 運送 転送 電送 配送 搬送 返送 放送 郵送 輸送 

トウ  悪投 遠投 完投 継投 好投 失投 暴投 力投 
感覚 
カンカク 運動感覚 温度感覚 色彩感覚 時代感覚 平衡感覚 無感覚 
関係 
カンケイ 因果関係 三角関係 相関関係 対人関係 人間関係 背後関係 
建築 
ケンチク 近代建築 高層建築 神社建築 耐火建築 耐震建築 複合建築 
体操 
タイソウ 器械体操 柔軟体操 新体操 ラジオ体操  
放送 
ホウソウ 衛星放送 FM放送 海賊放送 国際放送 民間放送 有線放送 
戦争  阿片戦争 交通戦争 受験戦争 冷たい戦争 湾岸戦争(和語は戦い)

 漢語のみならず、多くの外来語が日本人の生活に溶け込んでいる。
連濁をおこさない外来語には次のような例がある。

カー   オープンカー ダンプカー パトカー マイカー レンタカー 
カレー  肉カレー 印度カレー 野菜カレー ビーフカレー ライスカレー 

 和語は種類やそれに類する言葉は連濁をおこす。外来語は種類やそれに類する言葉も連濁をおこさない。「砂糖」のように日常生活に密着した言葉は、日本語と認識されるに至って種類を表すのに連濁をおこした。「角砂糖ザトウ 黒砂糖 氷砂糖 白砂糖」等がその例である。カーやカレーは砂糖に比べて、歴史が浅くまだ日本語と認識されるには至っていないので連濁をおこさない。 
[PR]
by iwaoka3 | 2013-04-17 23:05
リサイクル
日本でもリサイクルはかなり行われている。
一つ遅れていることは植物や食品である。
スイスのある町では、台所の生ごみは土に返る特殊なビニール袋に入れてコンポストボックスに入れる。木の枝や葉・幹・その他園芸の植物全般をコンポストボックスに入れて、週一回回収する。

c0190917_4455079.jpg

小さな台所用

c0190917_446682.jpg

大きな外用

住民は回収の前日は庭や玄関の掃除をしてボックスに入れる。そこから出来たコンポストは農業に用いる。
庭や街路に大きな木が多い。幹回り2m位ある木も多い。西洋楓の葉は秋には山の様に積もる。その時用に特別大きな袋も配られる。手間がかかっても住民は緑を大切に維持管理している。コンポストからは有機栽培の元気で安全な野菜や果物が出回る。手間はかかるが環境にはとてもよい制度である。
日本の都会ではごみ回収は有料となり、神社の杜は木の葉も有料で焼却される。
各家庭の木も手入れの手間と木の葉のごみ有料化で切ってしまう。
ごみ減量化のためには生ごみや植物をコンポストにすることが大切ではないか。
都内では鉢植えの植物の土は不燃ごみとして回収してくれない区もある。
鉢植えの植物も楽しめない都会の生活はどうなるのだろう。
[PR]
by iwaoka3 | 2013-04-10 10:00