日本語の連濁は、長い間国語学界の謎とされてきた
by iwaoka3
カテゴリ
全体
日本語
日本語の連濁
日本人・異文化
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
日本人・異文化
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
複雑な意味の違いをもつ言葉 
 これは、共に生活をする人達や働く人達がその分野の中で、連濁をおこす言葉とおこさない言葉を使い分けていた。
 たとえば、昔の建築現場で働く人々の例をみてみよう。
「鉋カンナ」の台鉋・反鉋ソリガンナ・平鉋・二枚鉋・丸鉋等は、鉋の台木の形が同じもの。槍鉋・突鉋ツキガンナ・脇鉋等は別の形の鉋で、両方とも鉋の種類を表しているから「~ガンナ」と呼ばれた。
荒鉋アラカンナ・仕上げ鉋・溝鉋等は鉋の用途を表し「~カンナ」である。
腕前を必要とする職人やその仕事に関する言葉は連濁をおこさない。
荒鉋=粗仕子アラシコ・溝鉋等は鉋の種類ではなく、鉋の働きを表している。

 この様に、連濁をおこす言葉とおこさない言葉で、道具の鉋の事か鉋をかける仕事のことかが理解できた。これはその職業に従事する人にとっては大切な区別である。
その他の道具や部材・工法なども連濁による意味の区別があるようである。
専門的な用語が多く、我々一般の人間には難しい。
その社会で生活している人にとっては便利な使い分けであった。

 各分野におけるこのような使い分けについて、連濁をおこす言葉とおこさない言葉をまとめてみた。
最初にみた特殊な用法(対になる語・同音異義語等・名詞と動詞の呼応)もあるが、かなり使い分けがきちんとなされている。言葉によってはどちらにも属するような言葉もあるが、それは濁音でも清音でもよい。 例 酒癖 サケグセ サケクセ。 厳密に言えば、「サケグセ」は酔った時の悪い状態を表し、「サケクセ」は酒を呑んだ時のその人の特徴を表す。
[PR]
by iwaoka3 | 2014-11-15 10:00 | 日本語の連濁