日本語の連濁は、長い間国語学界の謎とされてきた
by iwaoka3
カテゴリ
全体
日本語
日本語の連濁
日本人・異文化
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
日本人・異文化
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
時間 移動 場所
一、時間 
 日本語の「時」のとらえ方は、過去・現在・未来というのではない。未来形がない。「時」は時の流れの始めから終わりまでの過ぎてゆく過程を重視する。「過去・未来」よりも「完了・未完了」で時を考える。始めと終わりが大切なことである。

 一年も「春・夏・秋・冬」の移ろいとして感性でとらえる。はっきりとした時点は暦で、はじめて分かる。大切なことは、年の始めと終わりである。多くの伝統的な行事はそこに集中する。月も始めと終わりが暦の上で重要である。時間の流れの中で、途中の事柄はある時点を明確にしない。「時」や「頃」には時間の幅がある。季節の過ぎゆくままに、その途中経過のある時やある期間を表す言葉は連濁をおこす。連濁をおこさない言葉は、時間の流れの中での動作や作用に視点がある。

1.終始
イ、始め(最初・開始)
連濁をおこす言葉
 歩き初ゾめ 書初め 着初め 食い初め 出初め 渡り初め 綱開き 鏡開き 川開き 山開き 足掛り 前触れ 寝入り端バナ 先取り 巣立ち 旅立ち 
 
連濁をおこさない言葉(始まり 原因 起源)   
 皮切り 口切り 掛り口 序の口 とば口 初口 春立 足掛け 切っ掛け  逢い初め 馴れ初め
連濁をおこさない言葉  ~したばかり 
 成り立て 取立て 出立て 研ぎ立て 生れ立て 買い立て 書き立て 吹き立て 拭き立て 出来立て 拭き立て 
[PR]
by iwaoka3 | 2016-10-16 11:09 | 日本語の連濁