日本語の連濁は、長い間国語学界の謎とされてきた
by iwaoka3
カテゴリ
全体
日本語
日本語の連濁
日本人・異文化
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
日本人・異文化
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

二.移動
二.移動

1.動き
 早立ち 朝帰り 日帰り 里帰り 旅立ち 山越え 往に様 目掛ける 山越し 
 置き去り 横付け 目差す 間切る(風を斜めに受けて進む)

2.道   
 表通り 裏通り 河岸通り 切通し 道開き 小路切り 石高イシダカ 間切ギリ 

連濁をおこさない言葉 地形 
 切処・切戸キレット 瀬戸 鳴門・鳴戸 波戸・波止 藤戸 水門・水戸 船越 

3.途中(移動の途中 ~しそうになる)  
 帰り掛け 来掛け 出掛け 通り掛け 戻り掛け 行き掛け 行き摩り 

連濁をおこさない言葉  (動作や作用の中断 ) 
 死に掛け 飲み掛け 読み掛け 食い止し 燃え止し 読み止し 

4.禁止・中止 
  客止め 交通止め 道止め 車止め 川止め 足留め 行き詰り 


三、場所(面積がある)  
  水辺 池辺 海辺 浜辺 窓辺 山辺 野辺 野際 水際 川端 川底 海面
  道端 井戸端 崖縁 潮溜り 日溜り 吹き溜り 橋詰 暗がり 縄張 

連濁をおこさない言葉  方向・方面 
  裏手 山手 上手カミテ 下手シモテ 表方 沖方 枕辺 村方 奥底 谷底 

 
[PR]
# by iwaoka3 | 2017-02-14 22:14
二、時(その頃・時分を表す
二、時(その頃・時分を表す)
   
明け方 今し方 夕方 夕暮れ 梅雨時 昼時 近頃 年頃 見頃 今時 日付 日取り 黄昏時 何時ナニドキ 潮時 食べ頃 男盛り 女盛り 育ち盛り 働き盛り 書入れ時 木の芽時 梅雨時 帰り際 死に際 瀬戸際 真際 別れ際 この頃(古くは清音)
 
連濁をおこさない言葉 「朝の~・夕方の~」のように、「~」に視点がある  
 朝霜 朝日 朝露 朝腹 夕霜 夕雷 朝狩 夕狩 夜狩 夕泊り 夕日 

連濁をおこさない言葉 途中 動作や作用の中断(これは動詞と名詞の呼応)
 言い掛け 入れ掛け 切掛け 食い掛け 死に掛け 仕掛け 飲み掛け 
 読み掛け 食い止し 飲み止し 燃え止し 読み止し 書き止す 

ホ、遅速
早帰り 早書き 早変り 早食い 早咲き 遅咲き 早仕舞 早便り 早引け 

ヘ、期限・期間  
月極め 日切り 時切り 区切り 日取り 期近 久し振り
[PR]
# by iwaoka3 | 2017-01-17 23:02
時 終わり 最後
ロ、終わり・最後  
 月末 どん尻 時間切れ 品切れ 種切れ 大詰め 打留め 事切れ 仕舞太鼓 
 仕舞風呂 途絶える 消え方 果て方 離れ方 止み方 帰り際 散り際
 別れ際 覚め際 引き際 引き時 死に際 瀬戸際 死に時 

ハ、連続(ある動作を続ける)  
 立ち通し 働き通し 夜通し 立ち詰め 働き詰め 入り浸り 酒浸り 
 続け様 月越し 駆け通し 歩き詰め 通い詰め 乗り詰め 行き詰め
 
連濁をおこさない言葉(経過 長い時間が経つ)  
 思い旧る 生い立ち 生し立つ 飼立て 過ぎ去る 在り去る
継続 (そのままの状態が続く) 
 在り立つ 在り果つ 在り経フ 生き止る 直ヒタ走り 直退き 直照り 持切り
 言い伝え 生い立つ 詰め切る 数多返り   
[PR]
# by iwaoka3 | 2016-12-18 22:28 | 日本語の連濁
時間 移動 場所
一、時間 
 日本語の「時」のとらえ方は、過去・現在・未来というのではない。未来形がない。「時」は時の流れの始めから終わりまでの過ぎてゆく過程を重視する。「過去・未来」よりも「完了・未完了」で時を考える。始めと終わりが大切なことである。

 一年も「春・夏・秋・冬」の移ろいとして感性でとらえる。はっきりとした時点は暦で、はじめて分かる。大切なことは、年の始めと終わりである。多くの伝統的な行事はそこに集中する。月も始めと終わりが暦の上で重要である。時間の流れの中で、途中の事柄はある時点を明確にしない。「時」や「頃」には時間の幅がある。季節の過ぎゆくままに、その途中経過のある時やある期間を表す言葉は連濁をおこす。連濁をおこさない言葉は、時間の流れの中での動作や作用に視点がある。

1.終始
イ、始め(最初・開始)
連濁をおこす言葉
 歩き初ゾめ 書初め 着初め 食い初め 出初め 渡り初め 綱開き 鏡開き 川開き 山開き 足掛り 前触れ 寝入り端バナ 先取り 巣立ち 旅立ち 
 
連濁をおこさない言葉(始まり 原因 起源)   
 皮切り 口切り 掛り口 序の口 とば口 初口 春立 足掛け 切っ掛け  逢い初め 馴れ初め
連濁をおこさない言葉  ~したばかり 
 成り立て 取立て 出立て 研ぎ立て 生れ立て 買い立て 書き立て 吹き立て 拭き立て 出来立て 拭き立て 
[PR]
# by iwaoka3 | 2016-10-16 11:09 | 日本語の連濁
四、武術
四、武術 
1.弓  
弓道に関する連濁をおこす言葉は多い。しかし、今ではあまり使われない言葉と
なってしまった。
 弓末 弓立ユダチ 弓矯ユダメ 弦袋 弓弦ユミヅル 弓手 矢羽 箆口ノグチ 
 矢印 矢竹 矢筒 矢切 矢継ぎ早 矢止め 引手 素引 

2.剣・刀   
 内反り 外反り 横掛け 助太刀 千人斬り 試し斬り 撫で斬り  
 
3.鷹狩り  
 鷹狩りは馬術や剣道・弓道等とともに、武士にとって大切な事であった。
そのため、通常は種類を表す言葉が連濁をおこすが、鷹は鷹狩りに関する言葉が連濁をおこす。
 毛花 草取る 空捕る 鷹時 巣鷹 竿鷹 逸れ鷹 手鷹 鳥屋鷹 野鷹 
(鷹の種類は連濁をおこさない) 
 魚鷹 大鷹 熊鷹 禿鷹 

4.戦略  
 手口 手立て 俵返し 床机返し 先備え 夜討掛け 勢ぞろえ 兵糧詰め 
 攻支度 後備え 武者揃え 見せ勢 陣取る 陣立て 
[PR]
# by iwaoka3 | 2016-09-15 18:34 | 日本語の連濁